子供を大学へ行かせたい!奨学金のススメ

日本学生支援機構の奨学金に限らず、貸与形式の奨学金に採用になるには、ご両親や近親の方の協力が欠かせません。

お子さん1人を大学に入れるのにいくら必要かご存知ですか?

奨学金と教育ローンは似て非なるもの

奨学金と教育ローンは似て非なるもの

教育ローンは親の借金、奨学金は子どもの借金」とは、その違いを端的に物語っています。

進学費用を分割・後払いで借りる点は変わりませんが、奨学金は学生が借りて、本人が返していきます。

教育ローンは担保能力や返済能力があると推定される「保護者」が借りて、保護者が返します。

また、教育ローンには営利が絡むけれども、奨学金制度は営利を目的としていませんから、破格の金利で借入れ可能です。

奨学金貸し出しの大部分を占める「日本学生支援機構」の奨学金は入学後の毎月決まった日に、決まった額が振り込まれ、在学期間中は金利がかかりません。 (さらに…)

活路は奨学金と教育ローンにあり

活路は奨学金と教育ローンにあり

そうした現状にもかかわらず、高校卒業者の進学者数、進学率はともに減るどころか毎年増えているのはどうしたことなのでしょう。

保護者の方および進学者自身の将来の収入を担保として借り入れを行うことで、窮地をしのいでいるのです。

経済的な理由で進学が困難な場合に利用できる資金としては「奨学金」と「教育ローン」があります。

そこに見え隠れしているのが国家の支援体制です。

高等教育機関の入学金や授業料の安い欧州諸国、大学自体や、民間の奨学金制度のしっかりしている米国などに比べて遅れているといわれた日本ですが、国家の支援対策が徐々に低所得層にも浸透し始めてきています。 (さらに…)

進学費用対策の基礎知識

進学費用対策の基礎知識

今度は大学を始めとする高等教育機関での学ぶための教育資金の調達方法についてのお話しです。

高度成長期からバブル経済期、つまり20世紀の中盤から世紀末にかけては給与もボーナスも右肩上がりで、しかも年功序列の賃金体系がとられていましたから、定職についていればお子さんが高校を卒業するころには、それなりの収入が確保できました。

しかし、各種の調査によれば、世紀の変わり目あたりから日本経済がおかしくなり、「失われた○○年」と呼ばれる減速経済期に突入しました。 (さらに…)

高等教育機関で学ぶには「いつ」、「どれだけ」おカネが必要か?

高等教育機関で学ぶには「いつ」、「どれだけ」おカネが必要か?

大学などの高等教育機関は学費をはじめ、ほとんどの費用が「前納制」です。

まず入学するためにいろいろな形式の「入試」を受けます。

この段階では受験料と受験のための交通費や宿泊料が必要です。

地方出身で大都市圏の学校を受験する場合は、交通費や宿泊代が毎回必要になります。

受験料自体は大学センター試験の1次で1万数千円、2次試験も同額程度、「高い」といわれている私立でさえ数万円ですからヘソクリ程度で何とかなるかもしれません。 (さらに…)

進学費用の基礎知識

進学費用の基礎知識

『子どもは国の宝』とはよく言ったもので、来るべき次の世の中を背負っていくのは子どもたち。

近未来について言えば、私たち保護者を養っていく経済の担い手で、それがしっかりしていなければ老後も覚束なくなります。

国の大小を問わず、現代は科学技術力と人の手から生み出される国際経済力と保有するマネーが一国の盛衰の鍵を握っていることは、冒頭にお話ししたとおりです。

ところが、国の宝のわりにその教育に当たっては「家族の自助努力」と、意外に冷たいのが日本や中国、韓国、台湾など東アジアの経済大国の伝統です。 (さらに…)

エッと驚く高等教育機関の入学費用

エッと驚く高等教育機関の入学費用

お子さんに高学歴の称号「学士号」を与えたい場合、いったいどのくらいのオカネが必要になるのでしょうか?

高等教育機関に入学して無事卒業するまでには、受験時、入学時、在学時のそれぞれの段階で一定の費用が必要です。

一説に、高校入学から大学を卒業するまでに『一人あたりおよそ1千万円は必要』と言われています。

これは、国の教育ローンを取り扱う国民生活金融公庫総合研究所が平成12年に実施した「国の教育ローン利用世帯を対象にした調査報告」ですでに確認されています。 (さらに…)