子供を大学へ行かせたい!奨学金のススメ

日本学生支援機構の奨学金に限らず、貸与形式の奨学金に採用になるには、ご両親や近親の方の協力が欠かせません。

申込みに先立って理解しておく必要のある「奨学金のタイプ」と「貸与金額」

申込みに先立って理解しておく必要のある「奨学金のタイプ」と「貸与金額」

申込みに先立って理解しておく必要のある「奨学金のタイプ」と「貸与金額」

このエントリーをはてなブックマークに追加

お子さんを「学士」さんにしようとするときは、一般の家庭ならまず最初に頭に浮かぶのは、必要なおカネがどの程度になるか、そして、そのおカネをどうやって工面するかでしょう。

必要なおカネがどの程度になるかは、平均的なところですでに大まかに紹介してきました。

その余裕のある方、あるいは、敷地や田畑山林の一部を売ってでも自力でがんばれるご家庭の方々はこの先の話は必要ありません。

給与所得の方や自営業の方の多くは、現下の経済情勢では財布がもたないとお考えのことでしょう。

その場合、お子さんの進学する過程のどの段階で、いくら不足するか、それをハッキリさせることが必要です。

進学希望者の多くは、現役合格を目指して複数のシナリオを描き、入試期間の中にシナリオを並列して進めていき、合格した中から最良のもの、あるいは、最後に残った一つを選び出していきます。

途中で国立が私立に変わったり、試験日の関係で私立から国立に変わったりすることもあります。

日本学生支援機構の「予約申込み」なら、この動的な変化に対応することができます。

なぜなら、種別は無利子と有利子の2種類とはいっても、私立・国立の別、自宅通学・自宅外通学の別によって貸与金額(月額)が異なっていて、採用になれば、申込み内容は入学することが決まった段階で変更できるからです。

同機構の奨学金の基準貸与額(単位:円)

奨学金の種類

 

貸与金額

進学先

国・公立

私立

国・公

私立

自宅

自宅外

自宅

自宅外

自宅・自宅外共通

1種奨学金(所得連動返還型無利子奨学金を含む)

無利子

月額

大学

45,000

51,000

54,000

64,000

30,000

短大

専門学校

45,000

51,000

53,000

60,000

第2種奨学金

有利子

月額

大学

    30,000   50,000   80,000   100,000   120,000

入学時特別貸与奨学金

有利子

一時金

短大

専門学校

   100,000  200,000  300,000   400,000   500,000

 

ただし、どのタイプを選ぶにしろ、採用されるには申込み資格の「学力基準」および「家計(家庭の収入)基準」をクリアすることが条件です。

そのあたりをこれから詳しく説明していきます。

ここから先は一般的にいえば「親子の」、正確に言うと「高校卒業年度を迎えた進学希望者本人とその保護者の方」の共同作業が必要になります。

進学希望の本人は希望の進学経路の高等教育機関の募集要項や学校案内を集め、自分の進路を決めますが、その志望にしたがって申込み要件の「家計基準」などの対応準備するのは保護者の役割だからです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です