子供を大学へ行かせたい!奨学金のススメ

日本学生支援機構の奨学金に限らず、貸与形式の奨学金に採用になるには、ご両親や近親の方の協力が欠かせません。

奨学金の対象外高等教育機関ってどこ?

奨学金の対象外高等教育機関ってどこ?

奨学金の対象外高等教育機関ってどこ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本学生支援機構は「独立行政法人」というややこしい名前をもつ行政機関のひとつで、文部科学省が所轄しています。

事務手続きの窓口は学校当局に任されているので、お役所や金融機関ほどの堅苦しさは感じませんが、やはり法律がその運営の根拠になっていますから、案内の文書にも法律に基づくことが多いのは致し方ありません。

『専修学校と専門学校はどう違う』で説明したとおり、ここで「学生」と呼ばれるのは学校教育法第1条に規定されている高等教育機関で学ぶ人を指しています。

このため一般の人々が「大学」と思っていても、学校教育法とは別の法律に依拠する高等教育機関、防衛大学とか気象大学校、海上保安大学校、国立看護大学校、放送大学、自治医科大学(医学部)などは、予約申込みの対象外になります。

こうした大学は学費が無料で、給与まで支給されることもあるので、常識でも奨学資金は必要ないとわかります。同機構がハッキリ対象外として規定している高等教育機関は次のとおりです。

  • 防衛大学校、防衛医科大学校、気象大学校、海上保安大学校、国立看護大学校、職業能力開発大学校および短期大学校等
  •  大学・短期大学の通信教育部*・別科および大学の付属施設
  •  放送大学*・自治医科大学(医学部)
  •  外国大学日本校:テンプル大学ジャパン、レイクランド大学ジャパンキャンパス、天津中医薬大学中薬学院日本校等
  • 高等学校の専攻科・別科
  • 専修学校の高等課程:准看護学校など
  • 各種学校等:学校教育法第1条に該当しない、もしくは、所管大臣や都道府県知事の認可を受けていない専門学校など
  • 高等専門学校への編入学*

また、専修学校では同機構の奨学金を取り扱わない場合もあります。

なお、1年課程の学科は例外なく対象外です。

*このうち通信教育部のスクーリング、放送大学の全科履修生、高等専門学校への編入学については、在学申込みなら対象になります。専門学校の場合は、高校の事務窓口で確認してもらうか、入学してから学校事務局に問い合わせれば、可否の確認ができます。ただし、在学採用は、学校ごとに制限枠があるので、所定期間を確認して、なるべく早い段階で申し込みましょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です